ゲーム周辺機器

スーファミ実機でSwitch用スーファミコントローラーを使ってみた

投稿日:2019年9月30日 更新日:


(2020/6/11更新)
スーファミ実機で、Switch用のスーファミコントローラー(無線)を使いたい!

ちなみに、ここで記載するSwitch用のスーファミコントローラーは、Nintendo Switch Online加入者限定で購入できる、スーパーファミコン コントローラーの事です。

SFC実機に付属されている有線コントローラーは非常に操作しやすく・耐久性に優れている優秀なコントローラーですが、有線の線が1mと短いという欠点があります。
SFCの販売当時は、ブラウン管テレビが一般的でしたが、そのサイズの視聴距離から考えると、このコード長で全く問題なかったという背景はありますが、今現在では大画面の液晶テレビが当たり前となり、テレビからの視聴距離を考えると1mというのはかなり厳しくなってしまいました。

一応、コントローラーの延長ケーブルなんてものもありますが、せっかくだったら無線で快適にプレイしたいですよね。


そこで、今回はスーファミでPS4/PS3用コントローラーやWiiリモコン・Switchといったコントローラーが利用できる「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」を使って、Switch用のスーファミコントローラーを接続する方法について紹介したいと思います。

利用方法

2020/6/5に、8Bitdoサポートサイトにあるファームウェア(v1.36)が公開されました!

こちらを利用することで、無事にスーファミ実機でSwitch用のスーファミコントローラーを使えるようになります。

作業手順

まず、2020/6現在、こちらの商品を日本で取り扱っているサイバーガジェットサポートサイトにあるファームウェア、「8Bitdo Retro_Receiver ファームウェア(v1.30)」では認識しません。
利用するには、本家本元の8Bitdoサポートサイトにあるファームウェア(v1.36)にする必要があります。

準備するもの

・ファームウェアアップデートツール(8Bitdo_RR_win_Tools_for_Update.zip)
・ファームウェア(8Bitdo_NES+SNES_RR_Firmware_v1.36.zip)

どちらも、8Bitdoのサポートサイトよりダウンロード・解凍します。

実行方法

ファームウェアアップデートツールの「8Bitdo_Retro_Receiver_Tools_for_Update」を実行します。

実行すると、こんな画面が出てきます。
基本的にはこの画面の指示に従えばOKです。(日本語なのでご安心ください)

まず、「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」のペアリングボタン(赤いボタン)を押しながらパソコンのUSB端子に接続します。

パソコンで「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」が認識されると、レジーバーのLEDランプが緑色に点滅して、画面で「Retroレシーバーが接続されました」という情報と、ファームウェアのバージョンが下記のように表示されます。

この状態で、画面中央付近の「アップデート」ボタンを押すと、ファイル選択画面が出てきますので、先にダウンロード・解凍したファームウェアファイルの「8Bitdo_NES+SNES_RR_Firmware_v1.36.dat」を選択します。

すると、以下のように現在のバージョンと新しいバージョンが表示されるので、「アップデート」ボタンを押します。

進捗バーが動いていますので、しばらく待ちます・・・。
(当方の環境では1分程度かかりました)

以下のメッセージが表示されれば、ファームウェアのアップデートは完了です。

この状態で「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」をスーファミ実機のコントローラー部に接続すると、LEDが青く点滅しますので、ペアリングボタン(赤いボタン)を押します。

すると、LEDの青い点滅が早く点滅しますので、この状態でSwitch用のスーファミコントローラーの下部にある「シンクロボタン」を押します。

すると、お互いに認識して、「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」は青い点灯、Switch用のスーファミコントローラーは緑色の点灯に変わります。

これでスーファミ実機でSwitch用のスーファミコントローラーを使えるようになりました。

参考情報

コチラの記事でも紹介しておりますが、スーファミ互換機のSupaboyでも正しく使えました。

更にマルチタップでも利用できました。(こちらの画像では1Pは優先、2Pはマルチタップ経由で無線で利用しています)

まとめ

スーファミ実機でも無線でプレイできるのは素晴らしい!

それが任天堂の純正品であるSwitch用スーパーファミコンコントローラーだったら、尚更ですね。

スーファミ実機がまだまだ現役の方は、このNintendo Switch Online加入者限定で購入できる、スーパーファミコン コントローラーと、「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」を購入できる今のうちに用意しておくと、ちょっぴり幸せになれるかと思います。

ちなみに、サイバーガジェットで販売されている「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」は、2020年6月現在、Amazonだと品切れになっているので、大元の8Bitdoの商品を購入したほうが入手しやすいかと思います。



更に書くと、8Bitdoは中国の会社なので、中国の楽天市場とも言える中華の通販サイト(AliExpress)で購入すると安く購入できます。

参考までに、「8BITDO RetroReceiver FOR SFC」の価格を記載しておくと、サイバーガジェットで販売されている商品は定価で4,790円。(Amazonの底値で3,300円程度)
Amazonで8Bitdoの商品を購入すると2,980円。
AliExpressで8Bitdoの商品を購入すると2,000円弱。
配送に時間がかかったり、色々なリスクはありますが、参考情報として記載しておきます。
興味のある方は、AliExpressの該当の商品のリンクを以下に置いておくので、そちらをご参照ください。
AliExpress.com Product - 8Bitdo Bluetooth Retro Receiver Wireless dongle for SNES SFC Compatible with NES30 SFC30 NES Pro PS3 PS4 Wii U game controllers

この記事が、購入を検討する際の参考になれば幸いです。

-ゲーム周辺機器
-,

Copyright© ゲーム小屋たるる , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.