生活 買い物

20年以上使ったauからUQ MobileにMNPした話(2019年6月版)

投稿日:2019年6月10日 更新日:




2019年5月末。
携帯電話をauというかIDO時代から、乗り換える事なく一途に使い続けて20年以上。
ライフスタイルの変更に伴い、少しでも固定費を節約できればという事で、ついに格安スマホ(UQ Mobile)にMNPをしました。

結果としては満足しています。
特に不便になった事もなく、むしろスマホを気軽に使えるようになり、楽になったように感じます。

今回は参考までに格安スマホに変えて、変わった金額などを書いていきたいと思います。

かかった費用

解約費用

乗り換えをしたのは2年縛りが解除されるタイミングです。
スマホはそのまま既存のもの(XperiaXZ1 SOV36)を使います。
(むしろ昨年の夏に、これを見越してスマホ自体を機種変更しました)
解約にはMNP転出手数料の3,000円だけでした。

参考までに、それまでかかっていた月額金額は、
「auピタットプラン(スーパーカケホ)」で「スマホ応援割」適用時の2,480円~のプランで利用していました。
※スマホ本体は、いつも基本的に一括で購入するので、既に支払い済みでした

実際のデータ使用料は、2GB以上3GB未満程度で、月額3,480円になる事が多かったです。
更にテザリングを使っていたので、500円ほど追加でかかっておりました。(結果として月額4,000円ほど)
このテザリングのオプション代金は、新しい「新auピタットプラン」で無料になるみたいですが、家族が3人以上いないと安い感じにならないので、ちょっと微妙ですよね。
そして、1年しか適応されない「スマホ応援割」がもうすぐ終わるので、もうすぐ1,000円ほど値上がりして月額5,000円ほどになります

こういった理由からMNPを決意しました。
(何も変わらないのに月額費用が上がるのって、ちょっと嫌ですよね・・・)

選択した格安スマホの業者(UQ Mobile)

引っ越し先は同じau回線を使っているUQ Mobileを選択しました。



上記の代理店から申し込むと、SIMパッケージ料金3,000円といった初期手数料が無料となります。
更にキャッシュバックキャンペーンもありました

(2019/11/5追記)
契約して3ヶ月後の2019年8月末に、登録してあるメールアドレス宛てにメールがあり、口座番号を連絡する事で無事にキャッシュバックを受け取る事ができました。
キャッシュバックの注意点。キャッシュバックを受け取れる有効期間が1ヶ月と決まっているのでご注意ください。
当方は見事に最初のメールを「まだ1ヶ月間もあるから」とスルーしてしまい、1週間前に再度メールが来たので、それであわてて処理しました。

それと。パッケージを購入する手間・費用はかかりますが、安心のAmazon経由でも同じようにキャンペーンで購入できます。


何故、既存のau回線をそのまま使う事にこだわったのかと言うと、友人もソフトバンクからUQ Mobileに引っ越したのですが、ソフトバンク端末だと速度が出ないといった現象に悩まされ、結局既存端末を捨てて新しいUQ Mobileの端末に新調したという事例があった為です。
その為、既存端末の有効活用する場合は、ドコモならドコモ回線、ソフトバンクならソフトバンク回線を使った業者に行くのがいいかと思います。

当方はau回線だった為に選択しませんでしたが、ドコモ回線とソフトバンク回線のどちらも取り扱っているLINEモバイルがオススメです。
LINEのID検索をする為の年齢認証は、大手キャリアだと問題ありませんが、それ以外だとできるのはLINEモバイルだけです。



こちらもパッケージを購入する手間・費用はかかりますが、安心のAmazon経由でも同じようにキャンペーンで購入できます。

選択プラン

今回はスマホは既存のauで使っていた端末(XperiaXZ1 SOV36)をそのまま使うので、SIMカードだけのプランになります。

UQ Mobileで選択したプランは
「データ高速+音声通話プラン」 1,680円
にしました。
月間データ容量3GBで、越えたら200kbpsに速度ダウンするという契約です。
※足りなかったら追加購入も可能です。

かなりマイナーなプランを選択したかと思います。UQ MobileのHP的にも、分かり辛いところに記載されているプランです。

他にあったメジャーなプランとしては、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」ですかね。
こちらのプランは上記のプランと同じようで3GBで1,980円。
国内通話が5分以内なら何度かけても無料か(おしゃべりプラン)、60分の無料通話がつく(ぴったりプラン)になります。
また、上限を越えた場合に300kbpsに通信ダウンなので、データ高速+音声通話プランよりも100kbps早いのもメリットですね。

更に、家族で加入すると2台目以降は1,480円となったりとお得なプランですが、こちらは2年縛りがあり、更に14ヶ月目以降になると1,000円値上がりするので、2年縛りのタイミングで再度MNPの検討が必要かと思います。
2年毎にしっかりとMNPを行う方は総額的にはお得かもしれませんが、MNPの際はauと同じようにMNP転出手数料で3,000円かかりますので、ちょっと損な気がしますよね。(2年でMNPするという前提なら、月割にすれば100円程度ですが・・・)

ただ、データ高速+音声通話プランなら最低利用期間が12ヶ月で、無料通話などはありませんが、ずっと1,680円の金額がキープできそうなので(1年経過後に1,000円値上がりが無いので)、こちらのプランを選択しました。

注意点

SIMロック解除

当方のように既存のau端末を利用する場合は、SIMロック解除はお早めに。

au端末のスマホから申し込むのなら無料ですが、auの契約中じゃないと駄目なので。
(auショップだと有料です)

とりあえずSIMロック解除はやっておくのがオススメ。

乗り換え時期

乗り換え時期は月末がオススメです。

契約するキャリアは(今回はUQ Mobile)は日割り計算した月額費用となりますが、解約するキャリア側(今回はau)は月額費用は日割り計算されません。
なんと月額費用が全額かかります。

少しでも費用負担を少なくするのなら、月末時期が乗り換え時期にオススメです。
ただ、あまりにもギリギリだと申し込みからSIMカードの送付までに時間がかかるので、おおよそ月末の1週間前には申し込みをすませるのがいいかと思います。

LINEのID検索が使えない

UQ MobileではLINEの「ID検索」が使えません
これは、大手キャリアの年齢認証を使っている為で、他の格安スマホの業者でも同じなので注意です。
(唯一、年齢認証ができるのはLINEモバイルだけです)

まあ、ちょっと裏技に近いですが、元のSIMカードを挿して認証するという手段もありますが、手間ですね・・・。
(念のため、元から使っていたSIMカードをそのまま取っておくことをオススメします)

まとめ

現状、非常に満足しています。

毎月の負担額として月額4,000円(もうすぐ5,000円になるところ)が2,000円弱になりました。
(随分と久しぶりに、スマホになる前の携帯料金に戻ったような気がします)

特に当方がメリットとして感じているのは、格安スマホは大手キャリアと違い、高速モードと節約モードを切り替えられる業者が多いです。
具体的には「UQ mobileポータルアプリ」というアプリを使って、「高速モード」と「節約モード」を切り替えられます

「節約モード」は月の容量の上限になり、通信制限を受けている状態と同一なので、「節約モード」中はデータ残量が減りません

auを使っていた際は、auピタットプランのプランの特性もあり、ある一定の通信量を超えるか越えないかで月額1,000円といった差額が発生したので、モバイルデータ通信をOFFにしてWiFi運用をしたりと、かなり気を使っていました。
(月末の危険な時期に、外出中にLINEで写真とかが大量に送られてくると、ちょっとイラっとしていました)

これが節約モードにしておけばデータ残量が減らないので、気にならないです。
むしろLINE程度なら問題なく見れるので、普段使いなら「節約モード」で運用していても全く問題ありません。
Webなどを見る際に必要に応じて「高速モード」に切り替えて使っています。

上記のように運用する事で、あまり通信料が減らなくなりました。
更に契約自体は3GBですが、余った通信量は翌月に繰り越せるので、最大で6GBとゆとりが出ているくらいになってます。

ただ、今後の懸念事項として、スマホになってからずっとソニーのXperiaを愛用しており、今回もUQ Mobile回線ではありますが既存のXperia端末をそのまま使用しています。
数年後にまた新しくスマホを変更したいときに、Xperiaに期待したいところですが、現状は大手キャリアでしか取り扱ってません

中古という手段もありますが、触る頻度が多いものですし、スマホで何を見てどう使っていたのかを考えてしまうと、いくらクリーニングしたとは言っても、ちょっと嫌悪感があります。
2~3年後には日本でもキャリア以外からSIMフリー版のXperiaが購入できることになっている事を祈ります。

(2019/11/5追記)
2019/10/25より、UQ MobileからXperia8が発売になりました。
スマホが普及し始めた頃の時代であれば、すぐに陳腐化してしまったり、アプリの速度が遅くなってしまったので、高スペックモデル・フラッグシップモデルを率先して購入したほうがお得な時期もありましたが、最近はスマホの進化もあまり無いので、こういった安いモデルでも十分、むしろ安いモデルを数年毎で買い換えた方がバッテリー的にもお得に感じるようになった今日この頃。
是非ともソニーには、今後もこういったモデルを継続してUQ Mobileからも発売してくれることに期待します!

この記事が、購入を検討する際の参考になれば幸いです。

-生活, 買い物
-

Copyright© ゲーム小屋たるる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.